Amazonプライム会員 (料金,配送料,無料特典,メリット) 比較,違い

 


by stockcatalog

アマゾンプライム会員の入会メリットとサービス内容のまとめです。

最初に、プライム会員の入会のメリットと、おすすめする人について。

プライム会員になることで得られるメリットは大きく分けて3つあります。

①安い商品が買える
プライム会員限定の安い商品を買えるようになったり、会員限定のセールに参加できるようになる。

②配送サービス
注文した商品を早く届けてもらえる「お急ぎ便」、配達日時を指定できる「お届け日時指定便」、地域限定の高速配送サービス「Prime now」を利用することができる。

③無料の動画、音楽、本
映画、ドラマ、アニメなどの動画見放題サービスや、音楽の聴き放題、本の読み放題サービスが利用できるようになる。

次に、プライム会員は、次の条件に当てはまる人におすすめです。

  • 注文した商品をできるだけ早く手に入れたい。お急ぎ便、日時指定便、プライムナウを使いたい。
  • 安い動画配信サービスを探している。 ※月額計算で325円
  • 合計2000円未満でも注文したい。2000円未満でよく注文していて配送料を払っている。
  • プライム会員限定で買える安い商品を購入したい。
  • 学生である。※Prime Student 学生の料金は半額の月158円

公式サイト
Amazonプライム無料お試し期間は30日間
Prime Student】無料お試し期間は6か月 ※学生限定

以下、料金やサービスの説明です。

アマゾンプライムとは、料金、会員数、年齢層、目的

Amazonプライムは、年額(3900円)または月額(400円)の有料会員制のサービス。追加料金なしでさまざまな特典やサービスを利用できる。

アメリカでは、2005年にサービス開始。
日本では、2007年に開始。

料金推移 日本、アメリカ

日本
2007年6月~ 年額3900円
2018年6月~ 年額3900円、月額400円

アメリカのアマゾンプライムの年額料金推移
2005年2月~2014年4月16日 年額79ドル(約9000円)
2014年4月17日~2018年5月10日 年額99ドル(約11000円)
2018年5月11日~ 年額119ドル(約13000円)

プライム会員数

日本のプライム会員数(非公表)
推定300万~800万人
2017年 推定800万人 『東洋経済』の推計

アメリカのプライム会員数
2016年 6300万人 『米市場調査会社CIRP』
2017年 8500万人 『米市場調査会社CIRP』

全世界のプライム会員数
2018年 1億人突破 (アマゾン公式発表)

日本のプライム会員の割合と利用者の多い年齢層

アンケートではプライム会員の割合は全体の2割未満。
会員で20代の次に多い年齢層は60代以上と30代。

1.20代
2.60代、30代

出典 東洋経済 2017年6月

会員になった理由や目的

会員になった理由や目的の抜粋
・配送が速い、送料が無料。
・料金が安い。
・プライムビデオ(動画見放題)を利用するため。
・ほしい商品が安く買える。

2016年、MMD研究所とスマートアンサーによる調査
スマホを所有する15~49歳の男女1797人が対象。

プライム会員になった理由は、「お急ぎ便・お届け日指定便を無料で利用できるから」が45.6%で、「無料・トライアルを利用して便利だったから」が39.8%、「映像コンテンツが見放題だから」が29.2%となった。継続に関する質問では、73.6%が「継続する」と回答した。

出典 http://ascii.jp/elem/000/001/186/1186061/

Amazonプライムの主なサービス、Prime Studentとの違い

お急ぎ便、お届け日時指定便 最速で届く「お急ぎ便」、配達時間帯を指定できる「お届け日時指定便」が使い放題
合計2000円未満の注文でも送料無料
プライム・ビデオ 会員特典対象の映画、ドラマ、アニメなどが見放題
Prime Music 100万曲以上の対象楽曲が聴き放題
Prime Reading
対象のKindle本・マンガ・雑誌が読み放題
Prime now 対象エリアでのお買い物が1時間以内に届く
Amazonファミリー おむつとおしりふきがいつでも15%OFF、ベビー用品の限定セールも多数
プライム会員専用商品が購入可能になる。 「この商品はプライム会員専用です。」と表示されている商品を買えるようになる。
Amazonパントリー
食品・日用品を中心とした低価格の商品をひとつからご購入できるサービス
Amazonプライムデーに参加できる 年に一度のプライム会員限定のビッグセール
プライム・フォト カメラやスマートフォンで撮った写真を何枚でも保存できる

AmazonプライムとPrime Studentの違い

・学生限定で利用できる。
・料金が半額。
・無料体験期間の長さ: 30日と6ヶ月
・本の10%ポイント還元のあるなし。
・家族会員のあるなし。

Amazonプライム

料金
年会費:3900円(月325円)
月額:400円

プライム会員の場合は、同居の家族2人までが一部の特典(お急ぎ便など)を利用できる「家族会員」が使えます。Prime Studentには家族会員はありません。

家族会員が利用できるAmazonプライム特典
・お急ぎ便が無料
・お届け日時指定便が無料
・特別取扱商品の取扱手数料が無料
・プライム会員限定先行タイムセール
・Amazonパントリー
・Amazonフレッシュ(プライム会員本人がAmazonフレッシュに登録することで自動的に利用できるようになる)

出典 アマゾン公式 2017年7月時点
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201910370

公式サイトAmazonプライム無料体験期間は30日間

Prime Student(プライム スチューデント)

料金 
年会費:1900円(月158円)
月額:200円
※クレジットカードがなくても携帯決済での支払が可能。

Prime Studentは、2012年8月に始まったサービス。プライム会員特典を通常の会員費の半額で利用できる学生向けのプログラム。登録条件は、日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校に現在通っている学生で、学籍番号を持っている学生であること。会員登録ページからPrime Studentに登録できる。

Prime Student限定の特典
・書籍(コミックと雑誌を除く)の注文金額の10%をポイント還元。

公式サイト【Prime Student】無料体験期間は6か月

ここから下は、プライム会員限定商品、配送サービス、動画サービスについての説明です。

①プライム会員限定の安い商品、買い物サービス

プライム会員専用商品
プライム会員になると会員限定の安い商品を買えるようになる。

Amazonファミリー
Amazonファミリーは、小さい子供がいるプライム会員向けのサービス。
おむつとおしりふきが15%OFF。ベビー用品の限定セールも多数。

Amazonパントリー
食品・日用品などのセット販売されることが多い商品を、少量から買うことができるサービス。
商品は、1箱にまとめて受け取ります。送料は1箱あたり390円かかりますが、300円OFFなどのキャンペーンも実施。

その他
「プライム会員先行タイムセール」: プライム会員は、通常より30分早くタイムセールに参加できる。
プライムデー」という年に一度のプライム会員のためのセールへの参加。

②配送料、お急ぎ便、時間指定便、Prime now

Amazonが発送する商品で注文金額が2000円未満の場合は、配送料が400円かかります。プライム会員だと送料が無料になります。

※マーケットプレイスの商品は除く。「マーケットプレイス」とは、アマゾン以外の出品者が、アマゾン内で販売している商品(新品・中古)の売り場を意味します。

配送料の比較(非プライム会員,プライム会員)

  非プライム会員
(一般のAmazon利用者)
プライム会員
通常配送(注文金額が2000円以上) 無料 無料
通常配送(注文金額が2000円未満) 400円

お急ぎ便

お届け日時指定便

500円
当日お急ぎ便 600円

「お急ぎ便」とは、届け先にできるだけ早く商品を届ける配送オプション。
「お届け日時指定便」とは、商品を届ける日時を指定できる配送オプション。

非プライム会員(一般のAmazon利用者)

通常配送の配送料(注文金額が2000円以上の場合)
本州・四国(離島を除く) 無料
北海道・九州・沖縄・離島 無料

通常配送の配送料(注文金額が2000円未満の場合)
本州・四国(離島を除く) 400円
北海道・九州・沖縄・離島 440円

通常の商品を「お急ぎ便」「お届け日時指定便」で注文した場合
本州・四国(離島を除く) 500円
北海道・九州 540円

通常の商品を「当日お急ぎ便」で注文した場合
本州・四国(離島を除く) 600円
北海道・九州 640円

Amazonプライム会員、Prime Student会員

通常配送の配送料(注文金額2000円未満でも) 無料
お急ぎ便 無料
お届け日時指定便 無料

出典 Amazon ヘルプ&カスタマーサービス
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=jp_surl_help_ship?nodeId=201911210
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201911240

アマゾンの配送料無料化の変遷 日本、アメリカ

日本 アマゾンジャパン(Amazon.co.jp)の配送料

2009年9月までは、注文金額が1500円未満で送料300円、1500円以上で送料無料。
2009年9月から本(書籍)の送料を注文金額に関わらず送料無料にするキャンペーンを開始。その後、CD、DVD、ゲームソフトなども送料無料にし、2010年11月1日から全品送料無料を通常サービス化。
2016年4月6日に配送料を改定し、購入金額2000円未満の商品の通常配送料を無料から350円に引き上げ。
2018年4月4日に配送料を改定し、購入金額2000円未満の商品の通常配送料を350円から400円に引き上げ。

2009年9月まで: 注文金額1500円以上で送料無料
2009年9月~2010年10月: 商品によっては送料無料
2010年11月~2016年4月: 全商品送料無料(※あわせ買い対象商品を除く)
2016年4月から: 注文金額2000円以上で送料無料

※あわせ買い対象商品: 2012年11月に「あわせ買い対象商品」が導入され、正確にはこの時点で全品送料無料は終了。あわせ買い対象商品は、Amazonが発送する商品と組み合わせて、合計額が一定以上の場合に購入可能な商品。あわせ買い対象商品の単品でのご注文はできない。

アメリカ 米Amazon(Amazon.com) 送料無料になる最低注文金額の推移

2013年まで: 25ドル(約2800円)
2013年~2016年: 35ドル(約4000円)
2016年~: 49ドル(約5500円)

Prime now(地域限定サービス)

専用アプリで使うプライム会員向けサービス。対象エリアからの注文を1時間以内に届ける「1時間以内配送」か2時間単位「2時間便」を選択する。無料体験中も利用可能。

  • 東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県の対象エリアで利用可能。
  • 2500円以上の注文から利用可能。
  • 朝8時から深夜0時までお届け。対象エリア近隣にある配送センターの専用スタッフが届ける。
  • 890円の1時間以内配送、もしくは無料の2時間便から選べる。

③プライムビデオ、Prime Music、Prime Reading

Prime Music、プライムラジオ
追加料金なく、100万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリスト、プライムラジオが聴き放題。

Prime Reading
対象のKindleコンテンツ(本、雑誌、マンガ、Kindle Singles)が読み放題。

プライム・ビデオ

対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題。

プライム会員が視聴できる作品数(件)は2018年7月時点で「26,590件」。視聴できる作品数は、作品が入れ替わるので変動します。

Amazonプライム・ビデオ商品詳細ページ

日本での有名な動画サービス、日本テレビグループの「フールー(Hulu)」、ドコモの「dTV」、「U-next」との料金比較

 
Amazon 325円 3900円
dTV 500円 6000円
Hulu 933円 11200円
U-NEXT 1990円 23900円

※家族会員、注意点など
「家族会員」(同居の家族2人までが一部の特典(お急ぎ便など)を利用できるサービス)は、プライムビデオ、Prime Music、Prime Readingを、利用できないので、個別で契約するか、アマゾンプライム契約者のアカウントでサービスを利用するかのどちらかになります。
抵抗がなければ、家族で共有するアカウントを1つ決めておいてそれを使うと良いと思います。家庭によっては、プライム会員の入会に関係なく、1つのアカウントを共有して商品を注文している家庭も結構あるのではないかと思います。例えば、夫婦や兄弟や親子で同じアカウントを共有して使っているなど。小さい子供がいる家庭などは、子供はアマゾンのアカウントを持っていないはずですので、必然的にこのような使い方になると思います。家族全員で動画、音楽、本、お急ぎ便、時間指定便、その他のサービスを年額3900円で使えるので無駄な出費を抑えられます。

公式サイト
Amazonプライム無料体験期間は30日間
Prime Student】無料体験期間は6か月 ※学生限定

-買い物

Sponsored Link

  関連記事

[電池] 充電池(エネループ,エボルタ)・アルカリ電池の比較,違い,おすすめ

By yoko ページ前半は電池の性能について。後半は、単三・単四の電池を買うとき、「普通の乾電池」と「エネループやエボルタなどの充電池」のどちらを買った方が良いのか・得なのかについてまとめています。 …

Sponsored Link