【津波の怖さ】浸水と死亡率の関係 津波の速度

  2015/06/17

津波(つなみ)は、主に地震や火山活動に起因する海底地形の急変により、海洋に生じる大規模な波の伝播現象である。強風により発生する高波、気圧の低下などで起こされる高潮などとは異なる。

1波1波の間隔である波長が非常に長く、波高が巨大になりやすいことが特徴である。地震による津波では波長600km、波高5m超のものが生じた事がある。津波という現象は、例えるならば大量の海水の塊の運動であり、大きな津波は陸地に浸入し、種々の災害を発生させる。

津波による浸水と死亡率

津波 浸水と死亡率www.tokyo-np.co.jp/feature/tohokujisin/trough/list/120830-6.html

浸水 計算上の死亡率  
100cm 100% 到底立てない。漂流物にぶつかる。死亡する確率が高い
70cm 71.1% ひざを越え水に力が強くなる。健康な成人も流される
50cm 4.8% 車やコンテナが浮き出す。何かにしがみついていれば立てる。
30cm 0.01% 健康な成人なら何とか立てる。歩行は難しい。高齢者やけが人は流される可能性がある

津波1メートルでもほぼ死亡 – 内閣府分析

津波高が十メートル、二十メートルという数字が並ぶと、数メートル程度は「大したことない」ように感じてくるが、実際は一メートルの津波に巻き込まれれば、ほぼ死亡する。

内閣府は東日本大震災の被害実態などから、陸地に浸水した津波の高さに応じた死亡率を分析。浸水七十センチで71・1%、一メートルで100%に達した。台風や大雨の浸水と違い、津波は横から押し寄せるエネルギーが強いため、身動きが取れなくなるためだ。

津波に詳しい名古屋大大学院工学研究科の川崎浩司准教授は「浸水が膝を超えるあたりで死亡の危険性は大きく高まる」と説明。一メートル以上では、健康な成人が物につかまっても流されてしまう。漂流物にぶつかり死亡する恐れも大きい。膝より低い三十センチでも、高齢者やけが人は流される可能性がある。

川崎准教授は「子どもは体が小さい分だけ、もっとも低い浸水でも危険。内閣府の推計は妥当な線と思う」と話している。

出典 東京新聞 2012年08月30日
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/tohokujisin/trough/list/120830-6.html

Sponsored Link

高さ50cmの津波の力

https://www.youtube.com/watch?v=CFyHZHjOZZI&t=1m38s

津波のスピード

津波のスピード

「津波は、水深がふかいところほど、スピードがはやく、水深5,000mのところでは、時速800kmもあります。これは、ジェット機とおなじくらいのスピードです。陸地に近づいてくるとスピードはおちますが、それでも、オリンピックの100mの選手とおなじくらいのスピードがあります。津波にきづいてからにげはじめても、すぐに津波にのみこまれてしまいます。」

出典 気仙沼「津波」フィールドミュージアム
http://www.tsunami-museum.com/about_tsunami/at_003

「水深が10m程度であれば時速約40kmと自動車なみの速さで進みます。このため、津波を見てからでは、例えオリンピック選手でも逃げることはできませんので注意して下さい。」

出典 四国地方整備局
http://www.skr.mlit.go.jp/bosai/bosai/tounannkai/kisochishiki/tunamikankei/dorekurai/dorekurai.html

東日本大震災の死者、ほぼ津波が原因

東日本大震災は、2011年(平成23年)3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震とそれに伴って発生した津波、およびその後の余震により引き起こされた大規模地震災害。この地震によって福島第一原子力発電所事故が起こった。

死者の内訳と死因

警察庁は2012年3月11日までに、岩手県・宮城県・福島県で検視された15,786人の詳細を発表した。この震災での犠牲者の死因のほとんどが、津波に巻き込まれたことによる水死であった。

年齢
死者15,786人のうち64%が60歳以上

死因
水死:90.64%(14,308体)
圧死・損傷死・その他:4.23%(667体)
焼死:0.92%(145体)
不詳:4.22%(666体)

出典 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD

 - 危機管理・リスク回避

Sponsored Link

  関連記事

Empty Wine Glass 3rd Attempt
強化ガラス製食器 突然割れる事故多発 問題点と対策

強化ガラス(英語:toughened glass)とは、一般的な板状のガラスに比べ3-5倍程度の強度を持つガラスである。 by Dave Dugdale www.flickr.com/photos/davedugdale/ 目次1 強化ガラスとその問題点2 事故が発生した食器・製品の内訳と例3 対策 強化ガラスとその問題 …

3Dテレビ3D映像は3倍目が疲れる
3Dテレビ/3D映像は3倍目が疲れる 子供は7歳から 視聴時の注意点

3Dテレビ/3D映像のデメリット面、視聴時の注意点を中心にまとめています。   3次元映像(英: Stereoscopy)とは、観察者から立体的に見える映像のこと。3D映像、立体映像、3D立体視とも呼ばれる。その映像による動画のことを3次元動画、3D動画、立体動画という。   fpdai.hamazo …

風船 ヘリウムガス 危険性
ヘリウムガスを吸うことの危険性 死亡事故多発

ヘリウムは水素の92.64%もの浮揚力があり、燃えないため、水素よりも安全なガスとして風船等の浮揚用ガスとして利用され、広告用バルーンや天体観測用気球どに使用されている。 また、ヘリウム中では音速が空気中(※)よりずっと速い(純粋ヘリウム中では約1000m/s)ため、ヘリウムを吸入してから発声すると、甲高い音色の奇妙な声 …